診療案内

  • 予防歯科
  • 歯周病
  • 歯根破折
  • 審美
  • インプラント


歯周病

歯周病とは?

以下の項目に思い当たりませんか?

以上の症状に思い当たる場合は、
歯周病にかかっている可能性があります。

歯周病は、歯と歯ぐきの隙間にたまったプラーク(歯垢)によって歯ぐきに炎症が起こり、歯を支えている骨が溶かされてしまう病気です。
初期であれば症状はほとんどなく、症状が進むにつれて左記にあるような症状が出てきます。
このような状態のまま放置しておくと、重度に歯周病が進行して治療の施しようがなくなり、歯を失うことになってしまいます。
歯周病は、成人の80%以上がかかっているといわれる病気であり、40歳以降で歯を失う最大の原因となります。
また最近では、歯周病が心筋梗塞や低体重児早産(妊婦さんの場合)を引き起こす原因の一つとなることもわかってきました。
ご自身の健康のために、歯周病の治療、予防をしっかりと行われることをお勧めします。
当院では、歯周病治療に積極的に取り組み、患者様の歯を1本でも多く、健康に長持ちさせられるように努力しております。

歯周病の原因は、歯と歯ぐきの隙間(歯肉溝)に
たまるプラーク(歯垢)です。
プラークは多量の細菌(歯周病菌)から成り、
それらが歯ぐきと歯を支えている骨を攻撃して歯周病が進みます。

最初は、歯ぐきだけの炎症(歯肉炎)ですが

進行すると歯と歯ぐきのつなぎ目が破壊され、
それに伴い歯を支えている骨が溶けていきます。
その結果、歯と歯ぐきの間の隙間が深くなります。
これを歯周ポケットといいます。

歯周ポケットの中は歯ぐきの内部なので、その中に入りこんだ汚れはご自身の歯ブラシでは取り除くことができません。また、プラーク(歯垢)は長期間経つと、歯石という石のように硬いものに変化します。こうなるとさらに自分では取り除けなくなります。
そうすると、歯と歯ぐきの隙間の深いところに、ずっと歯周病菌が生息することになり、この状態で治療せず放置すると、さらに深いところにどんどん歯周病が進行していきます。

重度歯周炎 さらに歯周病が進行すると、歯を支えている骨がどんどん溶けていき、歯がぐらぐら動いてしまうことになります。

歯周病の治療について

歯周病治療とは、一言で言うと、歯と歯ぐきの隙間にたまるプラーク(歯垢)や歯石を取り除くことです。
すでに付いてしまったプラーク(歯垢)や歯石は、歯科医院で器械的に除去する必要があります。

ただし、それらをきれいに取り除いてもご自身の歯ブラシが適切でなければ、再度汚れはついてしまいます。

ですから、ご存知のとおり、歯周病の治療、予防には日常の歯ブラシが非常に重要です。患者様のお口の状態に応じた適切な歯ブラシの方法を、十分にご指導させていただきます。
以上の治療を歯周病の初期治療といいます。

すでに中等度に進行した歯周病では、初期治療で治癒しない場合があり、さらなる治癒を望む場合は歯周病の外科手術が必要となることがあります。また近年の歯周病治療の進歩はめざましいものがあり、骨の再生を誘導する特殊な方法が開発され、症例によっては骨を再生することも可能になってきました。

当院では、ご希望の方にこれらの治療を提供することが可能です。

患者様への情報提供

当院では、各患者様のお口の中の診査項目をパソコンに取り込むことで、
治療の経過をデータで残すことができるシステムを導入しております。
そのシステムを利用し、歯周病の進行状況やお口の汚れなどの情報を患者様に印刷してお渡しし、
患者様にお口の状態を具体的に理解していただけるよう努めております。

診療事例を見る